合宿免許が早く免許が取れる理由の一つに、路上教習がスムーズに進み合格率が高いと負いうことが挙げられます。

その理由には、合宿免許ならではの特性が有ります。合宿免許の多くは郊外や地方の自動車教習所を利用して行われることが多いものです。


さらに、周辺の道路の交通量が少ない場所というのも一つの大きな特徴となっています。



路上教習とは仮免許を取得してから実際の道路を教官を助手席に乗せて運転することであり、実際に他の車が走行している中を走行することで実際の道路で起こり得る様々な状況に対して的確な判断をすることを学ぶ場所でもあります。


交通量の多い道路では他車の動向や歩行者への注意、信号に対する反応、およびこれらが総合的に発生したときの臨機応変な対応力を学ぶことになりますが、反面交通量の多い場所では複合的な事柄が頻繁に起きてしまうため、なかなかその対処が出来ずに教習が不G法核となってしまうことが多いのです。

しかし合宿免許の場合には交通量の少ない道路を走ることが多い為、複合的な事柄が起きる確率が非常に低い為、合格率が高くなるのです。



その為、不合格になる確率の高い一般の自動車学校に比べ路上教習がスムーズに進むのです。

但し、実際に運転免許を取得しても交通量の激しい路上を一人で運転するためには臨機応変な対応力が必要になります。

その為、交通量の多い道路での路上教習をこなしてきた人に比べると街中の運転が不慣れであり、また恐怖感を感じてしまうことが多いのです。